髪は紫外線でも傷んでいる?

髪の毛が傷んでしまい悩んでいる…という方は少なくありません。そこで、髪の毛が傷んでしまう原因として、紫外線の影響などが挙げられます。紫外線による髪のダメージにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

紫外線による髪の傷み

まず、髪の毛の毛髪というものは、紫外線により乾燥をします。さらに、髪の毛の毛髪の強度そのものなどが低下したり、さらには表面の状態などが荒くなってしまったりします。髪の毛の色素だったり、そしてツヤ、光沢といったものなどが消失してしまうといわれています。ツヤや光沢などが失われ、色素が抜けてしまうため、このため、表面的にも傷んでいるように見えてしまったりすることが多いのです。

 

紫外線が当たり、なぜこのようなことになってしまうのかということなど、これらのことは詳しく解明はされていませんが、たとえばヘアカラーなどをしている場合には、それらの色素などが抜けてしまったり、退色してしまいやすくなってしまうんです。

 

夏場に海水浴に行って、髪の毛が焼けてしまった、傷んでしまったというような経験をした方もいらっしゃるかもしれませんが、これはヘアカラーが退色してしまい、髪の毛が紫外線を吸収してしまったことが原因として挙げられます。

 

紫外線などが毛髪に当たることによって、その紫外線というものは、吸収されてしまいます。そして、毛髪を構成しているアミノ酸などが酸化されてしまうのです。そして別の物質となってしまうのす。
毛髪は結合によって成り立っていますが、これらの結合などが切れてしまい、酸化することにより、別の物質になってしまい毛髪がダメージしてしまうのです。

 

プールや、海などで濡れた状態の場合には、さらに傷みやすくなってしまいますし、痛みが加速してしまうといわれていますので髪を痛めたくないという場合には注意が必要です。

 

このように特に夏場は紫外線がきついためいつも以上に髪のケアを集中的に行わなければならないのですよ。