髪が傷む原因とは

さまざまな理由によって髪の毛が傷んでしまうことがあります。

 

普段の何気ない生活上でも配慮する方法で傷みを抑制することは可能になり、注意しながら行動をとることがおすすめです。

 

髪が傷む理由

パーマやカラーによるダメージ

髪の毛には表面にキューティクルと呼ばれているものがあり、髪の毛を保護していることになります。内部にはタンパク質が含まれているのですが、キューティクルが傷んでしまうことでタンパク質が流出してしまいます。

 

この状態が髪が傷む理由になりますが、パーマやカラーによるダメージに関しては薬品などを使っていることが多く、主にアルカリ剤の作用によって傷みが生じてしまいます。

 

対策は後にトリートメントなどをしっかりと施す方法などが用意されています。

紫外線

紫外線は髪の毛に対して蓄積されてしまうことがあり、キューティクルがはがれやすい状態に陥ってしまうことが多く、紫外線量の多い季節などでは専用のヘアクリームで保護する方法の他に、帽子などを利用することもおすすめです。

 

アイロンやドライヤーの熱によるダメージ

洗髪後には速やかにドライヤーを使って髪の毛を乾燥させることが良い方法と言われていますが、乾燥のさせ過ぎには注意をしなければなりません。髪の毛のタンパク質を硬化させてしまうことがあり、タンパク変性というものを起こしてしまうことがあります。

 

例えばドライヤーを用いている方のケースでは、マイナスイオンタイプなどを利用してみる方法もおすすめになり、潤いを保った状態を維持することが必要です。他にも使っているシャンプーの成分によって、余計に髪の毛が傷んでしまう現象も見られるので、できるだけ天然成分などで作られているシャンプーを用いる方法と、トリートメントをしっかりと行う方法でも対処することは可能です。