枝毛や切れ毛ができる原因と解消方法

枝毛、切れ毛ができる原因と解消方法についてご紹介します。

 

枝毛、切れ毛ができるということで悩んでいるという方も少なくありません。こういった髪のダメージで悩んでいる方は非常に多いのです。そこで、枝毛、切れ毛ができる原因と、その対策についてご紹介したいと思います。

 

まず、枝毛、切れ毛ができる主な原因として、髪そのものがが傷んでしまっているということがあります。

 

なぜ、枝毛、切れ毛ができるほど髪の毛が傷んでしまうのでしょうか。

 

ドライヤーの乾かし方が悪い

髪の毛の傷みの原因にはいくつか原因がありますが、髪の毛が傷んでしまうの原因として多いものが、シャンプーやコンディショナー後の、ドライヤーでの乾かし方などが問題となっていることが多いです。

 

ドライヤーで乾かすのはとても面倒なことが多いですし、人によってしっかり乾かさずに済ませてしまったり、半乾きの状態で放置をしてしまう方もいます。
しかし、しっかりと乾かさずに放置をしておくことにより、髪の毛のキューティクルといわれているところが剥がれおちてしまう原因となり、これらが髪の毛の傷みなどの原因となってしまいます。

 

そして、髪の毛全体が傷んでくると、途中で切れてしまったりして、切れ毛になってしまったり、また枝毛で枝のようになってしまうのです。

 

このため、枝毛ができてしまったり、切れ毛ができてしまったりしないように、濡れた髪はしっかりとドライヤーで乾かすということが大切なのです。

 

ヘアカラー、ブリーチなどのやり過ぎ

また、ヘアカラーなどのしすぎによっても、切れ毛、枝毛などの原因となることが少なくありません。

 

ヘアカラーを繰り返していると、髪の毛にダメージなどが蓄積され、これらが切れ毛や、枝毛などの原因となってしまいます。一度傷んでしまった髪の毛はなかなか補修することができませんので、過度なヘアカラーなどを避けることが必要です。

 

また、ヘアカラーを行った後には、トリートメントなどを行うなど、しっかりとケアをするということが必要となります。そうすることで、ダメージなどを防ぐことができますし、切れ毛や枝毛などを防ぐことができるといえるでしょう。