市販のヘアカラーは傷んだ、かぶらたりしやすい理由

ヘアカラーも髪を傷めやすい原因になります。とくに店頭で販売している市販の安いものは髪にダーメージを与るばかりか、頭皮がかぶれたりしてしまいます。

 

何気なく使っている市販のヘアカラーついてご紹介しています。

 

ヘアカラーなど頻繁に使う方にとって、髪の傷みって多少なりともあるのではないでしょうか。

 

それはどんな原因で髪が痛んだり、かぶれてしまっているのか知っていますか?

 

ヘアカラーによって頭皮に赤みや痒み、湿疹や炎症といったかぶれが起こります。そのかぶれは、ヘアカラーに対するアレルギーが原因となっている場合があります。

 

アレルギーの原因となっている場合は、酸化染料です。酸化染料はジアミン系染料ともいって、○○ジアミンと全成分表に記載されている成分となります。

 

このジアミン系染料は、色が入りにくい髪でも、しっかりと染まりやすくする成分で市販のヘアカラーに非常に多く配合されています。頻繁に使うという方は、知らず知らず頭皮に付着している事があるためにアレルギーも発症しやすくなるのです。

 

しかし、ジアミン系染料によるアレルギーは、すぐに発症するものではありません。そのため、今までは何の問題もなく市販のものを使えていた人でも、いきなり頭皮がかぶれる事もあるってこともあるんですよ。

 

また、アレルギー反応が強い人がそのまま使い続ける事によって、頭皮だけではなく顔などそれ以外の部分にもかぶれが広がってしまう事もあんですよ。

 

このアレルギーは、一度発症すると治る事は難しいことが多いですから、カラーをする時には非酸化染毛剤を選ぶようにしましょうね。かぶれや髪の傷みがひどいという方は、ずぐにヘアカラーをやめましょう。ヘアカラートリートメントなどを使用することをオススメします。

 

たかがかぶれと思わずに、症状が酷い場合は皮膚科を受診して治療することをお勧めします。